家族滞在ビザ

家族滞在ビザとは、就労ビザや留学ビザを取得して日本に滞在している外国人が配偶者や子供と一緒に暮らすために取得することができるビザです。

このビザの対象となる方

●日本に滞在している外国人に扶養されている配偶者

●日本に滞在している外国人に扶養されている

取得要件

扶養者に配偶者や子を扶養する意思があり、かつ実際に養えるだけの経済力があり、下記の基準を満たしていること

 

●配偶者

  ・原則同居していること

  ・婚姻が法律上有効に成立していること

 

●子

  ・嫡出子、養子、認知された非嫡出子であること

  ・実際に監護・教育を受けるのであれば年齢制限はありません。

●アルバイトをするには資格外活動許可の取得が必要です。

資格外活動許可を取得すれば、週28時間以内で風俗営業店以外であればアルバイトをすることができます。

●フルタイムで働きたい場合は就労ビザへの変更が必要です。

●審査時に子供の年齢が高ければ高いほど審査が厳しくなります。年齢が高くなれば高くなるほど入管は就労目的で日本に来るのではないかと疑います。そのため、日本へ子供呼び寄せる必要性と計画を説明し入管を納得させる必要があります。

家族滞在ビザの注意点
事務所名_200213.png